赤い島 マダガスカル
マダガスカルってどこにあるの?

マダガスカルには赤い色がよく似合う。
飛行機から眺めると、舗装していない道が赤い筋をひいたように見える。赤い服や赤い帽子の人が多い。レンガや土でできた家の壁が赤い。いたるところに生えているポインセチアの赤が景観をいっそうチャーミングにしている。


「マダガスカルに行く」といったら、「マダガスカルってなに?」と言った人がいた。われわれにとっては地球上でいつか絶対行きたいところリストで間違いなくトップファイブに入る場所なんだけどなあ。そんなものか。


絶滅寸前の「アイアイ」、横っ飛びの猿、とかいうと、それは知っている人が多い。マダガスカルという国と結びついていないにしても。



           



マダガスカルの人たちは日本人のようにお米を食べ、フランス人のようにフランスパンを食べる。日本の人は食べ物は心配しなくていい。
アジア系やらアフリカ系やらインド系やらいろいろな顔つきの人が混在しているが、顔つき体つきにはお互いまったく頓着しないように見える。みな同じように接しているし妙な警戒心も感じない。女性もひとりで堂々と歩いている。服装もみなおもいおもいで、はだしの人もいれば革靴にネクタイの人もいる。こだわりのなさにいごごちのよさを感じた。


現地旅行社:
Madagascar Service
TEL 261-20-22-435-50

日本の手配旅行社:
ATBネイチャーワールド


マダガスカルに関する本:
行く前に読んでいくことお勧め
「赤い島
 物語 マダガスカルの歴史」
藤野幸雄著 発行 彩流社





           

とにかく、今回わりと衝動的に思いつき、調べたらベストシーズンみたいだったし、思っていたより安かったので行って来た。中6日の短い滞在にもかかわらず、目的のキツネザルにもたくさん触れ合え、バオバブも見て、フライングフォックスも見れた(これは予想外)。


マダガスカルは大きな島なので、場所によって気候が異なり、いろいろな自然が楽しめる。本当は自然破壊が進んでしまって見る影もない、というべきなのかもしれないけれども。今後どのようになっていくのか





写真右は今回Antananarivoでわれわれのガイドをしてくれた アンドリアナソロ・ラマイトラリボ・ブドゥニアイナ さん、中央はバンのドライバー アンドリアナボソア・ブリース さん。
この場を借りて改めて御礼を申し上げます。


このホームページを見て、「マダガスカル、行って見ようかな」と思ってくれる人がいたら嬉しいですね。

2005年5月