一本道をマーケットに歩いて向かう人々。自転車で行く人も多い。女性はみんな頭の上に荷物をのせてスタスタ。
橋は狭いので、牛車が通り終えるまでしばし待ち。
先週降り続いた雨で道が水没。牛が水に入るのを嫌がって立ち往生。このあと運転手をお父さん(右の赤い服)に選手交代し、この牛車は無事向こう岸へ。
マーケットの賑わいを遠望。
布や雑貨には中国製とおぼしきものが多く含まれていた。雑貨屋、自転車の部品屋、自転車屋、石鹸屋、サンダル屋、籠屋、みかん屋、サボテンの実屋、米屋・・・売り物によってわりと専門家されている。
揚げパンなどの屋台も出ていて、みんな楽しそうだった。
パキスタンと袋に書かれた輸入米が売られていた。お米を輸出するほど作っている国なのになぜ。
ひとたびマーケットを過ぎると、サボテンなどトゲ植物を中心としたこのようなブッシュが続く。
途中トイレにブッシュに入ったが、トゲ植物ばかりなので気をつけないと・・・。
カメレオン発見。
赤いのはサボテンの実。食用として売られている。
ベレンティ自然保護区から空港へ向かう日は土曜日だった。毎週土曜日の午前中はマーケットの日。思いがけず、マーケット見物を楽しめた。


Saturday Market